結局のところ"うちの子がかわいい"ということに落ち着くのですが、イナーメのサイクルジャージが出来た背景や内情を知らない立場を逆利用して、無手勝流に分析もどきをしてみたいと思います。


■イナーメ信濃山形のサイクルジャージはインダストリアルデザイン

デザインには大きく分けて2つあるかと思います。美術や芸術(fine art)としてのデザインと、商品や製品(applied art)としてのデザイン。己を表現する芸術家なのか影に徹する工業デザイナーなのか、デザインする人の立ち位置で大きく変わってくる部分です。

prof001.jpg
WAVE ONE さんより

イナーメ信濃山形のサイクルジャージの特徴というか、特性というか、強みというか、それは"工業デザイン"や"工業意匠"に徹して作られているということです。簡単に言うなら機能美。このサイト右のプロフィール画像にもある様に、強力なアイコンとなるポテンシャルを持っています。


■イナーメ信濃山形のサイクルジャージとは

推測の域を出ませんが、デザインした人はロードレースでの選手の見せ方について良くわかっている方だと思います。全体的なデザイン、書体、色彩等々、"レースの現場でどうみえるのか、レースの現場でどう映えるのか"、そのジャージ単体ではなく、全体的なレースの中で相対的にどう見えるかを意識してデザインされている様に感じます。

設計図としての平面的なデザイン、衣装としての立体的なデザイン、この辺りは誰もが注目する部分かと思います。ですが、イナーメ信濃山形のサイクルジャージのデザインは"全力で走っている状態で完成する"様に出来ています。しかも遠目からでも識別できる配置や配色で。今回『Jプロツアー』公式ソングで良くわかった様な気がします。

サイクルジャージではないのですが、デザインが同じサーモジャケットにて。
header5a.jpg
WAVE ONE さんより

そして、手、脚、身体にラインや文字が大きく入ることで、近くでも遠くでも選手の動きや状態が良くわかります。

また、背中の大きな" i "が真っ直ぐではなく曲がっていることで見つけ易くなっています。ロウソクの炎の様な1/fの揺らぎ。チームを象徴する印" i "が横ではなく縦に長いことも、後ろから識別し易い要因になっています。

jpro303c.jpg

グレースケールにしてコントラストを強めにすると
jpro303d.jpg
色彩情報が無くてもデザインで識別できることがわかります。

①選手を識別すること②選手の状態を確認すること③選手同士がお互いを認識し易いこと、それらを主目的として組み上げられたデザインあり、闘う現場で有効なデザインなんだと思います。

逆を言えば他の選手からも認識されやすいデザインということにもなりますが、チームメイトとも他の選手とも"つながって"しまうというあたり、Legarsi(つながる)の名に偽りなしという感じでしょうか。もしかしたら宿命の様なものなのかもしれません。

イナーメ信濃山形のアーキテクチャ(設計思想)と言っていいかもしれません。


■イナーメ信濃山形のサイクルジャージの完成系

イナーメ信濃山形には何種類かサイクルジャージのデザインがありますが、個人的に"バランスが良くて美しい"と思っているのがイナーメフェミニン(イナーメ女子部)のデザインです。

top201602b.jpg

小さい画像で見ても、それと認識できるところが素晴らしいです。
icon_ignamefeminine2016.gif

ただ、機能オンリーはそれはそれで美しいのですがちょっとだけ寂しいので、フェミニンには背中や肩のところに白い翼なんて付けてあげたいなぁ、と個人的には思ったりしています。

デザインとしては完成していますので、葡萄酒をイメージしたワインレッドや、あえて色を入れずに黒・白・灰色のモノトーンでも綺麗かと思います。黒と白と黄色のタイガースカラーフランドルカラーも面白いかもしれません。

by Hex
何と!
あの宮澤選手の講演会が松本市立病院の病院祭で行われます!興味のある人はどうぞ!

o0480070313783047238.jpg

以上

諏訪湖マラソン

 23, 2016 17:43
イナーメ水曜夜ラン部が寒風吹きすさぶ中、諏訪湖マラソンを激走してきましたよ。
皆んな無事に完走!

イナーメはランでもやっちゃいます。ってとこを見せつけてきました。

20161023a.jpg

20161023b.jpg

20161023c.jpg

20161023d.jpg

20161023e.jpg

by Dai.
■自転車が出てくるミュージックビデオ
JAM Project / 『Jプロツアー』公式ソング - AREA Z~Song for J-Riders~

"自転車ロードレース界、日本最高峰の22チームによって争われる『Jプロツアー』を統括する一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟(JBCF )初のJプロツアーの公式テーマソングとして、アニソンスーパーユニットJAM Projectの「AREA Z~Song for J-Riders~」が決定!JプロツアーとJAM Projectのコラボレーションが完成しました!"

日本最高峰の22チームの6番目にイナーメ信濃山形が登録されてるんですってよ、奥さん。URLも末番"id=256"だとか。デジタル的に縁起がいいですわよね~。あら、1番目はFIの片山右京さんじゃないの、時代は自転車なんですのね~)

そんな小芝居はどうでも、JAM Projectが、如何に格好良いか如何に素晴らしいか、語りたいのは山々ですが、今回のポイントはそこではありません。

さて問題です。上記の 『Jプロツアー』公式ソングの中にイナーメ信濃山形の選手は何回出てきたでしょうか?

jpro009e.jpg
jpro026e.jpg
jpro029c.jpg
jpro035e.jpg
jpro040e.jpg
jpro046e.jpg
jpro047e.jpg
jpro102e.jpg
jpro109e.jpg
jpro110c.jpg
jpro124e.jpg
jpro136c.jpg
jpro145c.jpg
jpro214c.jpg
jpro234c.jpg
jpro303c.jpg
jpro311c.jpg
jpro333c.jpg
jpro341c.jpg
jpro344c.jpg

答えは26回でした。(もしかしたらもっとあるかもしれません)

公式ソングだからじっくり見ておくか…といいつつ、ボーっと見ていたのですが、(あれ?いまイナーメの選手映ってなかった?)と思い、コマ送りで確認したのですが意外に露出が多くて驚きました。これを見た村の衆もきっと驚くと思います。都で話題になったということが田舎では重要ですので。ありがたやありがたや。


後日、イナーメ信濃山形のサイクルジャージのデザインについて、如何に格好良いか如何に素晴らしいか、大いに語りたいと思います。

by Hex
今年の実業団ナンバーワンを決めるレース 
経済産業大臣旗ロードレースを闘って参りました。  

エリート2、ためさん5位入賞おめでとう。

プロツアーは
非常に厳しいレースコースとレース展開の中、
セキホが完走しました‼ 
完走するだけでも大変なのです。 
みんな、お疲れさまでした‼ 
来週は南魚沼のレースです。 

イナーメカフェにイナーメキッチンが
輪島ロードからデビューしました‼ 
プロの味お楽しみくださいませ。 
キッチンメニューはパスタでした。

20161011a.jpg

20161011b.jpg

20161011c.jpg

20161011d.jpg

20161011e.jpg

以上
イナーメ代表
中畑清

WHAT'S NEW?