昨年はオリエンテーリング同行でしたが、中畑監督と松本市美鈴湖で行われているJBCF東日本トラックレースへ移動。
s-DSC_1994.jpg

s-DSC_2177.jpg

s-DSC_2014.jpg

イナーメテント村にて。柳営ならぬ龍営というところでしょうか。
s-DSC_1993.jpg

s-DSC_1988.jpg

s-DSC_1986.jpg

フェル美とか、フェル代とか、フェル子とか。
s-DSC_1992.jpg

トラックレース用の自転車。風を切るブレードの様です。
s-DSC_1999.jpg

中村龍太郎専用ヘルメット。赤いドラゴンは最速の証。
s-DSC_2000.jpg

トラックレースは午前から夕方までの長時間。順番が来るまでテントで待機します。
s-DSC_2004.jpg

トラックにエントリーしなかった方のレポートはこちら。かる~く裏美し(美ケ原自然保護センター)なのでトップアスリートはスゴイなと。

闘う戦士の背中。
s-DSC_2001.jpg



男子スプリント。
s-DSC_2009.jpg

s-DSC_2046.jpg

s-DSC_2072.jpg

男子パシュート。
s-DSC_2074.jpg

s-DSC_2083.jpg

フォームをチェックする岩月選手。
s-DSC_2173.jpg

木曽町オリテ組も到着。
s-DSC_2175.jpg

東日本トラックレースの日程表。
s-DSC_2130.jpg

今回、トラックレース見学は初めてだったのですが、いろいろな競技種目があり、ロードレースとは違った印象を受けました。長時間かかることにも驚きました。美鈴湖は天候が変わり易いので、屋根があると選手の消耗も少ないかもしれません。露天は露天で良さはあるのですが。

トラックレース、ロードレース、クリテリウムレース、それぞれ特徴がありますが、それぞれ見所があります。好みもあるかと思いますのでいろいろ体験して観戦に行くのも良いかもしれません。



スクーターで美鈴湖まで来たのですが、なぜか急に帰らなければいけない様な気がして途中で帰宅しましたが、バイクをガレージに収容してお風呂に入っていたら急にザバザバと豪雨に。松本に大雨警報。中央道一時通行止め。中畑監督テント撤収時ズブ濡れ。

バイク乗りの感。ワシは、、、もっとるよ星(ry
(すみませんっ!すみませんっ!手伝えなくてすみませんっ!)

全天候型のトラック、長野県にもあるといいのになぁと。長野を代表する木曽ヒノキを床材にしたら対外的にいいのではなかろうかと、観光的にもいいのではなかろうかと。そんなことを感じた東日本トラックレースでした。

by 管理忍
開田高原クリテリウムの翌日は、毎年恒例の木曽の名所を巡るオリエンテーリング。
s-DSC_1974.jpg

参加自由、飛入歓迎、レベルに応じてアテンダント同行、名所巡り、和気あいあいのツーリングイベントです。
s-DSC_1949.jpg

s-DSC_1950.jpg

木曽町オリエンテーリングの参加費は無料ですが、開田クリテ賞金の募金をお願いしています。活躍する選手への御捻り(おひねり)、観客からの投げ銭の様なもの、裸で渡さず祝儀袋で届ける、粋でいなせなイナーメ堅気。
s-DSC_1951.jpg

開田クリテの賞品にもなっている木製バイクスタンド。
s-DSC_1946.jpg

s-DSC_1948.jpg

s-DSC_1947.jpg

男の哀愁。
s-DSC_1956.jpg

昨年に続き平野由香里嬢のストレッチ講座。準備体操はとっても大事。
s-DSC_1959.jpg

中畑監督御挨拶。
s-DSC_1965.jpg

恒例の記念撮影。
s-DSC_1970.jpg

由香里嬢の愛機、DE ROSA号。
s-DSC_1982.jpg

レベル毎のチームに分かれてスタートです。
s-DSC_1976.jpg

s-DSC_1978.jpg

s-DSC_1981.jpg

昨年はオリエンテーリング同行でしたが、中畑監督と松本市美鈴湖で行われているJBCF東日本トラックレースへ移動します。

つづく。

by 管理忍

WHAT'S NEW?