信濃山形自転車倶楽部

TEMPELMUUR
Ronde van Kiyomizu.
Criterium du Kaida.

Legarsi Igname Web

09
2017  23:30:00

開田高原クリテリウムレース2017

今年で第六回となる開田高原クリテリウムレース。

案内板が出迎えてくれます。
s-DSC_1683.jpg

受付&本部。
s-DSC_1687.jpg

有志による会場設置。
s-DSC_1688.jpg

MCはもちろん、昨年に続き"平野由香里"嬢。本日はDE ROSAコーデ。関西出身の明るいお嬢さんです。
s-DSC_1690.jpg

中畑監督も早々に現地到着。
s-DSC_1693.jpg

開田クリテを支えるスポンサー様。
s-DSC_1703.jpg

本日のスケジュール&コース。
s-DSC_1728.jpg

スタッフブリーフィング。開田クリテを支える有志の皆さま。
s-DSC_1733.jpg

信州山形村の体操の御兄様。差し入れは松本名物"波田スイカ"。
s-DSC_1729.jpg

続々とアスリート到着。
s-DSC_1718.jpg

s-DSC_1741.jpg

s-DSC_1756.jpg

開田クリテ名物”練習走行”。練習走行は無料。プロツアーの選手が指導してくれます。もちろん監督も。
s-DSC_1773.jpg

s-DSC_1774.jpg

s-DSC_1780.jpg

受付開始。ヨーロピアンなサインボード。
s-DSC_1782.jpg

s-DSC_1783.jpg

s-DSC_1786.jpg

ジュニアクラス、スタート。
s-DSC_1790.jpg

s-DSC_1800.jpg

s-DSC_1807.jpg

一般男子。
s-DSC_1805.jpg

s-DSC_1833.jpg

一般女子。
s-DSC_1836.jpg

s-DSC_1828.jpg

いよいよオーラス。
s-DSC_1848.jpg

s-DSC_1850.jpg

荒ぶる次世代。
s-DSC_1854.jpg

ビアンな現世代。
s-DSC_1855.jpg

若人のお悩み相談に応える中畑監督。
s-DSC_1864.jpg

競争の中にも協調。
s-DSC_1867.jpg

からの、ホームストレートでのデッドヒート。そしてフィニッシュ。湧く観客。勝者は天を仰ぎ、敗者は地に伏せる、勝者はただ一人。それがロードレースっショ
s-DSC_1894.jpg

表彰前のシャンパンファイト。※1着から2着への冷水…ではなく労い
s-DSC_1896.jpg

激しさや厳しさの中にも、和気あいあい。ノーサイド、といったところでしょうか。
s-DSC_1899.jpg

グランドフィナーレ。
s-DSC_1916.jpg

s-DSC_1920.jpg

s-DSC_1929.jpg

ラストのホームストレートで、中村選手、北野選手、佐野選手、小山選手が魅せてくれました。これぞロードレース、これぞプロフェッショナル。観客の方々、スタッフの方々も来て良かったとの感想も。

開田クリテは良くも悪くも草レース。でも、そのレースの中に牧歌的な自転車レースの原点を見た様な気がします。開田を愛する人々の善意と想い、行動。そして、それに応えるトップアスリートのパフォーマンス。

もう一度見たい、友達にも話したい。そのつながりが、その感動が、次へと続いて行く原動力でしょうか。

『自転車を文化にしたい』

文明とは形あるモノ、文化とは形の無い移ろい易いモノ。小さな歩みですが、また一歩、また一歩と、木曽の開田高原に自転車という文化が根付いていくのかもしれません。


関連記事も合わせてどーぞ。
とっぷり自転車とりっぷ 「2017年 第6回 開田クリテリウムインサイドレポート」
ORANGE OVERALLS DRIVE 「開田クリテと東日本トラック 中村龍太郎」
Yukari Hirano 「本日は第6回木曽町開田高原クリテリウムでした!」

by 管理忍

 長芋通信 / Member's report