信濃山形自転車倶楽部

TEMPELMUUR
Ronde van Kiyomizu.
Criterium du Kaida.

Legarsi Igname Web

13
2016  20:00:00

このブログを開始した顛末など

■はじめまして。

はじめまして。このブログの暫定管理人です。機巧通信の"機巧"とはカラクリこと。つまりは技術屋さん。コンテンツの編集後記やら、自転車関連で普段感じていることやら、あれやこれやらはこちらのカテゴリにアップしていこうと思っています。

ハンドル名の"Hex"とは独逸語で『魔法をかける』という意味。英語では転じて『魔術師』とか『魔女』のこと。IT界隈でハッカー級の腕前の人を尊敬を込めて『魔法使い=Wizard(ウィザード)』と呼んだりしますが、私の場合、そこまではいかなくても「煙に巻く事くらいはしますよ」という意味。書いてある内容については半値の五割引き位で丁度良いかと思います。


■監督との出会い

とある日曜日、原付バイクで行きつけのカフェに遊びに行ったところ、青と緑のサイクルジャージを着た集団に出くわしました。話には聞いていたのですが、私の住んでいる地域の自転車チームで、トーレーニングの途中で立ち寄ったとか。監督さんは人当たりが良くて優しそうな感じで第一印象がとても良い方でした。

家に帰ってから調べてみると日本でも指折りの強さ&フルタイムワーカーな自転車チームで、プロチームを相手にいい勝負を繰り広げているなどなど、その闘いぷりが第一次・第二次上田合戦を彷彿とさせ、真田贔屓の私の心に火を付けたのでした。


■えっ、ホームページとかないの?

無い、というか、かつてはあったみたいなのですが、検索すると「404 Not Found」「未検出」「見つかりません」。それじゃあ、ブログは、と…。まあ、日々の情報はあるものの、キラーコンテンツがわかりにくいというか。もったいない。周りを見渡せば地域の環境に恵まれ、ネットにはチームの話題が盛り沢山なのですから。


■まあそんなこんなで

でも所詮他人事ですし、目を瞑って立ち去ろうとしたのですが、優しそうな監督さんの顔が目に浮かび、("器"くらいなら作ってもいいかな、気に入ってもらえなかったら潰せばいいし、気に入ってもらえたら自由に使ってもらえればいいし)などと、軽い気持ちでこのブログを作ってしまい…お世辞かもしれませんけど…好印象ようなのですが…誰に…引き継げば…いいの…かな…と(泣

と、まぁ、世間では昔から「ミイラ取りがミイラになる」ってことがございまして、今回のお話は「器を作った人が器になってしまった」という、涙、涙の人情噺の一席でございました。

おあとがよろしいようで。

by Hex

 機巧通信 / Sysadmin column